« <ウォーターフロントのサイクリング> | トップページ | 強風サイクリング »

2010年2月 8日 (月)

<所沢の急坂サイクリング>

 埼玉県の所沢市は南東部が小高い丘で、都県境を流れる柳瀬川や都内の団地を見下ろしています。丘の高さは5階建てマンション位、都心で言えば皇居の濠から見上げた西の丸や半蔵門の高さに匹敵します。川から丘を登る急坂がいくつもあって、自転車で登ると面白いところです。ロードレースの練習には相応しくないと思いますが、峠道を楽しくサイクリングしたいと思う私は、ここを「所沢の急坂」と勝手に名付け、よく出かけます。

 この一帯は、私が知っているだけで舗装された急坂が9か所あります。下から見上げると斜面は崖になっているところが多く、崖下は昔ながらの農村地帯、上は新しい住宅街で、崖の真上に新しい住宅が建っていて、見ようによっては熱海の別荘地のようです。

Photo

<一番東の坂・・・滝の城脇>
 丘の東端にある「滝の城跡」への坂は急斜面をカーブ3つで登る道で、交通量が多いのでフラフラしないで登るのがポイントです。坂の具合は日光いろは坂旧道のような感じです。上の写真左端の先は石段があるので、夜になって坂を下るときは要注意です。

 フロント2速、リア1速で余裕を持って坂を登り切ると、城跡に建つ「城山神社」があって、境内入口にある「滝の城」の説明文は、この丘を「狭山丘陵」の一部であるとしています。そうすると、狭山丘陵は多摩湖・狭山湖から続いていることになります。城山神社の境内からは東京の多摩地区が一望でき、戦国時代に城が置かれた訳も分かります。

Photo_2

<二番目の坂・・・線路脇の坂>
 滝の城跡から県道所沢・青梅線に左折、最初の信号を左、農家の間の細い道を抜けてJR武蔵野線を陸橋で跨ぐと、滝の城脇よりも急な下り坂で崖下に戻ります。この坂もカーブ3つですが、上の写真に写る第2カーブの上がかなりきついです。私の脚力では前後とも1速にしないと登り切れません。昼間は農家の軽トラが多く、夜間も抜け道状態なので、夜走る時は明るいライトを点けないと危険です。なにしろ夜は明かりが少なくて真っ暗ですから。

Photo_3

<秋津駅に近い坂・・・上安松の急坂>
 西武線秋津駅の所沢寄り踏切から北へ向かうと道が段々細くなり、突当たりを左折すると「車この先○○メートル、通りぬけできません」という看板が目に入ります。歩いて行く人がいるのに変だな、と思って進むと、これまでと同じくらいの高さの丘に向かってほぼ直線の道路が天に向かうかの様にありました。しかも、真ん中で幅1メートル位にくびれています。

 初めてここを登った時は夜で、下の看板に気付かなかったので坂が登り切れず、途中のくびれ部分でハンドルと前輪が持ち上がってダイナミックに転んでしまいました。自動車通行不能なんですから、自転車も押して上下しなければいけないのかも知れません。この坂を登ると夜景がきれいです。坂の中腹からでも田無タワーや東京の夜景が目に入りますから壮観です。

<坂の感想>
 今回紹介した坂は都内でも味わえる勾配ですが、狭い地域にいくつも急坂が並んでいる例は少ないと思います。歩行者や近隣住民の方に迷惑をかけない範囲であれば、遠出して汗をかいてみる価値はあると思います。

|

« <ウォーターフロントのサイクリング> | トップページ | 強風サイクリング »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035830/33290107

この記事へのトラックバック一覧です: <所沢の急坂サイクリング>:

« <ウォーターフロントのサイクリング> | トップページ | 強風サイクリング »