« うちゅうサイクリング | トップページ | 神奈川県半周サイクリング »

2010年7月 5日 (月)

この週末も飯能方面です。

Photo_3

 土曜日のサイクリングは、昼間は飯能から名栗湖、晩飯後はホタルを見ようと青梅の成木に戻りました。飯能の原市場という集落から名栗湖まで8.5㌔、湖入口の交差点からダムまでかなりの傾斜を登るため、この距離で24分かかりました。

Photo_4

 川又バス停から前後輪1速で汗だくになって登りましたが、脇を見ると落差は50㍍くらい、初めて行くと結構きつい坂です。

Photo_5

 名栗川を堰き止めたこの湖は水源地で、支流がいくつか湖に流れ込んでいます。「有間の湧水」と名付けられた湧き水は、冷たくて美味しいです。ただし、辛口です。秩父や多摩川北流域の山は石灰岩質と聞いたことがありますが、こういう山の水は、辛口で共通していると思います。これに対して奥多摩駅に近い御前山の下に湧いている水は甘くて私好みです。

Photo_6

 名栗湖のカヌー教室は、太鼓の音を渓谷に響かせて漕ぎ手のタイミングを合わせていますが、楽しそうでした。

Photo_7

 名栗湖から飯能方向に少し戻ると青梅への分岐点、そこから約2㌔の山道を登ると小沢峠とトンネル、抜けると青梅の成木街道の起点になります。トンネルは200メートル位ですが、車のエンジン音が凄い音量で反響して怖い位でした。両側に歩道があって、青梅方向の歩道は幅が1メートル位なので自転車で走ることもできそうです。昼間の走行距離は100㌔、夜のホタル見物は雨の中50㌔でした。成木を流れる北小曽木川のホタルは少ないながらも視界に5~6匹分の光が川面に見えました。光の色は青紫、または濃い藤色という感じで、水辺からゆっくりかつフラフラと上昇する光の動きは何となく情緒を感じます。もう少し増えたら、また見に行きたいと思います。

|

« うちゅうサイクリング | トップページ | 神奈川県半周サイクリング »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035830/35639626

この記事へのトラックバック一覧です: この週末も飯能方面です。:

« うちゅうサイクリング | トップページ | 神奈川県半周サイクリング »