« 自転車通勤で守ること | トップページ | 相模湖への大垂水峠を越える »

2011年5月 8日 (日)

秩父からサイクリング

 こどもの日、秩父サイクリングをして来ました。日帰りでは自宅から秩父までが精一杯なので、今回は輪行して秩父駅前から出発、秩父湖と三峯神社を往復しました。

 距離は72キロ、サイクロコンピューター上の走行時間3時間半、実際は約5時間の行程でした。平均ケイデンスは65、レースやる人のようには走れません。

 グーグル・アースで見ると、三峰トンネルと西武秩父駅前との標高差は1,000メートル近いです。R140を雁坂トンネル方向に走って、中津川・荒川の合流地点から左に向かうと
二瀬ダムに到着、三峰神社に向かうダム上の道路は片側車線分の幅なので信号待ちが長いです。

 ダムから約600メートルの高さを長さ10キロの道路で上る、私的にはきつい坂を30分位登ると三峯神社駐車場、しかしここが峠ではなく、更に大血川林道を20分ほど登って三峰トンネルに到着、ここが実質的な峠でした。

001

 トンネル手前で小休止、車友との会話がトンネルから正確かつ明瞭に返ってきて、普通の声でも割と大きく聞こえるコダマだったので驚きました。でも、中を走るともっとビックリです。直線で出口が見えるので精々300メートル位かと思って走ると700メートルあって、しかもトンネル内は照明が点いていませんから、いくら直線でも真ん中付近は真っ暗です。ライト1個くらいじゃ、怖くて夜は通過できないと思います。

 コダマの正体は多分、真ん中にある退避スペースの壁だと思います。私が先にトンネルを抜け、車友がトンネルを走る姿を通過した側の出口で見ていると、ハアハアって息遣いまでダイレクトに聞こえてきますから、なかなか面白いトンネルです。

 トンネルを抜けると大血川林道は下り坂、面白いほど飛ばせましたが、崖に面した部分が多いためか、路上にこぶし大や人の頭サイズの石が落ちています。安全を考えると、ここも「夜間飛行」は難しいです。

 何はともあれ、この日は秩父から電車帰り、心おきなく乾杯できて、良いサイクリングをしました。

|

« 自転車通勤で守ること | トップページ | 相模湖への大垂水峠を越える »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035830/39904559

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父からサイクリング:

« 自転車通勤で守ること | トップページ | 相模湖への大垂水峠を越える »